パキポディウム・グラキリス

パキポディウム・グラキリスは、マダガスカル原産の希少な塊根植物で、「象牙宮」という和名で親しまれています。特徴的な丸みを帯びた塊根部は水を貯蔵し、乾燥や直射日光に強く適応します。幹の先端に黄色い花を咲かせ、その姿は愛らしく、観賞価値が高いです。自生地では岩場にしがみついて生育し、乾燥した環境を好みます。日本でも寒さと暑さに強く、庭や鉢植えとして人気があります。
パキポディウム属 ロスラーツム グラキリス【Pachypodium rosulatum var. gracilius】

ブーファン・ハエマンソイデス オークション キセロフィタ 塊根植物 観葉植物